ZEH(ゼッチ)とは 

NET ZERO ENERGY HOUSE(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。

住宅の高断熱化と高効率設備で可能な限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで1年間に消費する一次エネルギー消費量が正味(ネット)ベースでゼロ以下となる住宅のことです。
暑さや寒さを我慢することなく、省エネルギー性を保ちながら快適に生活することができます。

ZEHにすると

  • @地球温暖化の抑止になる
  • A光熱費が大幅に削減される

などのメリットがあります。

継南建設の住宅は標準仕様で高い断熱性を確保しているため、
最低限の高効率設備と太陽光発電設備の導入ですぐにZEH(ゼッチ) に対応できます。

ZEH受託率目標値と実績値

目標値 実績値
平成28年度(2016年度) 15% 0%
平成29年度(2017年度) 20%  
平成30年度(2018年度) 30%  
平成31年度(2019年度) 40%  
平成32年度(2020年度) 50%  

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロになる住宅(ZEH)の実現を目指す」 とする政策目標が制定されました。経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、 建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。
当社としては、「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及目標を策定いたしました。
ZEH基準を省エネルギー面だけでなく、室内間の温度環境によるヒートショックなどの健康被害を低減させる健康住宅面でも提案してまいります。

▲ページのトップへ

会社案内


鹿児島県霧島市隼人町西光寺1339番地1